成約率90%超えの小冊子に実装された「心理メカニズム」とは?

プロモーション2016年3月13日

突き抜けるためには、突き抜けたツールが必要です。

突き抜けた結果をだしている経営者たちは、たいてい業界平均の3倍、5倍、10倍の反応を生み出すマーケティングツールを持っているのです。

なので、あなたも突き抜けた結果を手にしたいなら、そうしたツールを手に入れる必要があるわけです。

しかし、そんなツールをどうやって手にしたらいいのか?たとえば、ホームページ、ランディングページ、スマホサイト、小冊子、パンフレット、名刺など…

あなたもこれらの内、何かを使って集客や営業をしていると思いますが、そこには、心理メカニズムが設置されていますか?

どういう事かというと、種類や形は違えど、実は、あらゆるツールの目的はたった1つしかありません。

それは、「それを見る見込み客に行動してもらうこと」です。

じゃあ、そのためにどうすればいいのか?

それは、あなたが使っているツールに以下の要素をちりばめることで、「お客が行動せざるを得ない」心理メカニズムを実装することです。

【ギャップ】
今までの常識が間違っていることを伝える

【理由・目的】
なぜ、その問題を解決すべきなのか?(あるいは、すべきなのか?)

【リスク】
間違った常識に従って行動していたら、どんなリスクを背負うのか?

【シンプル】
解決策をシンプルに伝えること。シンプルに実行できるものであること。

【価値・ベネフィット】
それを実行することで、どんな価値、どんな利益を手にできるのか?

【相手の頭の中にある言葉を使う】
難しい専門用語は使わない。見込み客の言葉に合わせる。

これらの要素は、業種業態、そして、売っている商品・サービスに関係なく、共通して、
“人の心を動かし、実際に行動に駆り立てる”そんな心理的トリガーです。

たとえば…

僕たちの会のある歯科医院では、先ほどの要素をカバーした小冊子を患者さんに渡したところ、なんと90%以上の患者さんから自費治療を獲得しているそうです(写真の小冊子)。

他にも、ガイドブックを無料オファーしているランディングページに、先ほどの要素をちりばめたところ、請求率が最大60%にアップしたり

留学代理店でカウンセリングをする前に、先ほどの要素を取り入れた資料を渡したところ、成約率が1.5倍(成約率90%)になったり

このように様々な業界、そして様々なツールで成功事例が続々生まれています。

なので、あなたにもう一度聞きます。
あなたが使っているツールには、そうした心理メカニズムが実装されていますか?

ちゃんと意識したことがないなら、今すぐツールを取り出して、上記要素をチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
シェアする場合はこちら!


ブログの更新情報や、ブログではお伝えできない
最新の成功事例を無料メールマガジンでお届けしています。

情報を受け取りたい方は
今すぐ下記のフォームからメールアドレスをご登録ください。

※内容が気に入らなければ、クリック一発でいつでも購読解除できます。

※Yahooメール、Hotmailなどは届きにくくなっていますので、 フリーメールアドレス以外でご登録をお願いします。

※携帯メールアドレスでは、登録ができません。PCのメールアドレスをご登録ください。