リピート率アップは、ド頭を変えろ!

ビジネスモデル2014年12月3日

リピートを制する者はビジネスを制する。
そう言っても過言ではないほど、リピートは、業績アップのキモです。

事実、実践会の会員さんの中には、これを極めることで売上が短期間で5~10倍アップしたという人が沢山います

とはいえ、どうすればリピート率が
アップするのか?

これについて全くアイデアがわかない…。という人も多いと思います。

先日、北海道、仙台で行った会員限定セミナーの参加者の多くも、

「リピートが増えない」
「バックエンドが売れない」
「2回目の受注が取れない」
「ライフタイムバリューをアップさせたい」
「会員制度の継続率を上げたい」

などなど、人によって多少言い方の違いはあるものの、

【リピートを上げることができなので思うように儲けが生み出せない】

という相談が圧倒的に多く寄せられました。

そう。効率的かつ、加速的に儲けを生み出したいなら、リピート率アップは絶対的に取り組むべき重要課題です。

なぜなら、新規に頼ったビジネスや、集客に頼ったビジネスは、広告費や営業マンの人件費で利益が圧迫され、薄利商売にならざるを得ないから。

でも、世の中のマーケティングを学んでいる多くの経営者や起業家は、集客や新規獲得にばかり目を奪われていますよね。こういう人達には、儲けを追いかけながら、知らず知らずのうちに、みずから利益を垂れ流していることに早く気付いてほしいものです。

少々話が脱線しましたが、本題に戻ります。

実は、リピートがとれずに悩んでいる経営者の多くは「自分が今売っている商品は、そもそもリピートが取れない商品だ」と間違った思い込みをしてたりしますが、大事なことなのでよく覚えておいて下さい。

世の中のほとんどのビジネスや商品は、実は、リピートを起こすことが可能です。

しかし、周りのライバルや過去の経験で、「うちのビジネスはリピートを取りにくい」と思いこんでいる人が非常に多いのです。

たとえば、北海道のセミナーに参加してくれた動画制作会社の社長Tさんもその1人でした。
動画制作は、それぞれの案件が千差万別なので決まりきったリピート商材を作ることが難しい。なので、「現状のメニューからリピートを取るのは至難の業だ」と思っていたそうです。

しかし、Tさんのビジネスでも、(そして、あなたのビジネスでも)リピートを取ることは可能です。

どうやってか?

それは、一回の購入でお客との関係が終わるのではなく、最初から継続するのが当たり前であるように、関係性のフレーム(枠組み)を変える事です。

具体的にいうと、Tさんの場合、これを実行する一番簡単な方法は、【納品した商品の効果を一緒になって検証すること】です。

つまり、クライアントから受注を獲得する際に、「うちは、クライアントの成果をサポートするために納品から3ヶ月間効果測定させてもらっているんです」と言って、実際に納品後に、効果を測定し、

・さらに成果を得るために何をどうすればいいのか?
・それを実行したら、どんな成果をどのくらい見込めるのか?

これらについてプロとしてアドバイスし、そのアクションを具現化するために必要な商品をアナウンスするわけです。

やってみれば分かるのですが、これをやると面白いようにリピートが取れます。

なぜか?

お客からしたら、“自社の売上アップのために必要なアドバイスをもらっているだけ”であり、その上で“取るべき行動をとっているだけ”になるからです。

要は、売り込み感ゼロで、信頼を紡ぎながら、売上を上げていくことができるようになります。

ちなみに、Tさんにこのアドバイスをしたところ、「いただいたアドバイスで確実に即売上があがるイメージができました!」とのこと。いやあ、良かった。実は、Tさん、独占メソッドを実践して5ヶ月で売上2倍、さらに利益率が6倍になったそうで、今からのさらなる突き抜けが楽しみです。

あなたもリピート率に悩んでいるとしたら、お客との関係性を一番ド頭で変えられないか?
そして、喜ばれながら、リピート注文を獲得できないか?

ぜひ、こうした発想でアイデアを考えることをお勧めします。
本気で実践すれば、Tさんのように売上だけでなく、利益もめちゃくちゃ上がりますよ。

追伸.
なぜ、Tさんは、わずか半年で売上2倍、利益率6倍アップに成功したのか?

その業績アップの極意を手に入れたいなら、実践会が推奨する”独占市場メソッド”を学ばれることをお勧めします。

ただし、勘違いのないように。僕たちの独占市場メソッドとは、既存のパイをライバルから奪うのではなく、お客を魅了し尽くすことで、お客のハートとマインドを独占するということを実現するメソッドのこと。
これこそが、小さな会社や小さな個人が最短最速で突き抜ける最大の極意です。

なので、その情報に興味があれば、ぜひこちらのリンクをクリックし、入口を覗いてみてください。

※小さな会社や個人が最短最速で突き抜ける独占市場メソッドをチェックする!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
シェアする場合はこちら!


ブログの更新情報や、ブログではお伝えできない
最新の成功事例を無料メールマガジンでお届けしています。

情報を受け取りたい方は
今すぐ下記のフォームからメールアドレスをご登録ください。

※内容が気に入らなければ、クリック一発でいつでも購読解除できます。

※Yahooメール、Hotmailなどは届きにくくなっていますので、 フリーメールアドレス以外でご登録をお願いします。

※携帯メールアドレスでは、登録ができません。PCのメールアドレスをご登録ください。