楽天出店を辞めて、売上1.5倍になったハンコ屋さんの話

プロモーション2012年10月1日

「楽天の営業から出店を誘われてまして
 やってみようと思うのですがアドバイス下さい」

という安直な相談を受けることが
ちょくちょくあります。

正直、こんな相談を受けても
僕が言えることは、

楽天に出店したからといって
イコール儲かるという訳ではありません。

経営者として考えが
ちょっと甘いんじゃないですか?

という事くらいです。

勘違いしないでほしいのですが、
僕は楽天さんを全否定しているわけではありません。

実践会のメンバーには
楽天で売上を大きく伸ばされている方も

自社サイトによるネット通販で
売上を大きく伸ばされている方も大勢います。

なので、
こういうからと言って

楽天への出店やネットビジネスを
否定しているつもりは毛頭ありません。

ただ、

楽天に出店する=儲かる

ネット通販する=儲かる

といった安直な発想はヤバいと思うわけです。

だってですよ。

昨日時点での楽天の出店企業と
その商品数をチェックしたところ

なんと、

契約企業数:129,179社
商品数:108,061,299点

と出てました。

12万社以上も出店していて、さらに
1億点以上の商品が販売されているということは、

まず間違いなく

同じような業種、同じような商品を
扱う会社がメチャメチャ集まっている

ということでしょうから、

「彼らの多くが価格競争を繰り広げている」

ということが容易に想像できるわけです。

寄らば大樹の陰じゃないですが、
楽天に出店したら儲かるなんていうのは、

ハッキリ言って「幻想」でしかありません。

そして、今だから言えますが、

つい最近、実践会に参加し、
今、分解マスタースクールに通う
あるハンコ屋さんもその1人でした。

そのハンコ屋さんを営む女性経営者Kさんは、
僕と初めて出会ったその日に、

「楽天の営業担当者さんに
 出店を誘われているのですが、
 どうやったら楽天で儲かりますか?」

といった趣旨の相談をされました。

それに対して僕が提供したアドバイスは
冒頭と同じく

「楽天に出店したからといって
 イコール儲かるという訳ではありません」

というもの。

ただし、その後、こうも言いました。

「御社の場合、楽天に出店するよりも
 スピーディーに売上を上げる方法がありますが
 それは全く別の方法です。

 その内容を知りたいですか?」

といったこと。

さて、Kさんに対して僕がした
アドバイスは一体どんな内容だと思いますか?

答えを聞いて拍子抜けするかもしれませんが
僕がKさんに提供したアドバイスは、

1.実際の店舗に来店してくれた
 お店へのセールストークを変えること

2.陳列している商品1つ1つにポップを作ること

ざくっというとこの2つです。

え?そんなんで売上あがるのか?

そう思われるかもしれませんが、
Kさんが経営するハンコ屋さんは、

基本たったこの2つだけで
1ヶ月で日商が1.5倍になったそうです。

変えたのは、基本、トークとポップだけなので
かかったコストはほぼゼロ円。

にも関わらず、1ヶ月で売上は1.5倍。

この数字は、猛者ぞろいの実践会のなかでも
まずまずの結果でしょう。

もちろん、これで売上アップは
おしまいではありません。

というのも、この結果に確信を得たKさんは
さらなる実践を開始されているので、
翌月にはもっと売上が伸びるでしょうからね。

しかし、なぜ、トークとポップを変えただけで
売上が即1.5倍に増えるのか?

簡単な話です。

その2つの取り組みによって
見込み客が商品を買う「基準」を変えたからです。

Kさんと話して分かったのは、

今まではお客の言われるがままに
ただ安い商品を販売してきた

という事実でした。

なので、Kさんは

「お客は安い商品を求めている」

と、そう思っていたようですが、

でも、それは、

「事情によってハンコが必要になりましたが、
 商品知識がないので選ぶ基準が『価格』しかありません。

 なので、できるだけ安い商品をください」

と言っているにすぎません。

なので、見込み客の選ぶ基準を
『価格』から『価値』に変えればいいわけです。

そのためには、1つ1つの商品に
ポップを付けることで商品の価値をアピールし、

さらに、セールストークでハンコの用途や

「そもそも、なぜ、必要になったのか?」

その2つを理由を聞きだし、
それに見合った商品を提案することで
『価値』を購入の基準に変えてもらう訳です。

言葉にすると、たったこれだけの事ですが
これってメチャメチャ重要です。

なぜか?

目の前のリアルなお客に『価値基準』で
商品を売ることができない人は、
間違いなく楽天でも同じ現象に陥るからです。

実践会のメンバーで
楽天で儲かっている企業の多くは、

明確な価値基準を打ち出して儲けています。

そうした努力をせずに見込み客から
言われるがままの『価格基準』で商売している限り

安売り競争から抜け出すことは
永遠に不可能です。

売上が上がらないからといって
楽天だ、ホームページだと安易な発想に
目が奪われているとしたら、

そもそも、その前に、

目の前のリアルなお客をどう魅了し、
そこからどう収益を上げるか?

地に足をつけて、その答えを
考えることをお勧めします。

そして、あなたが価格基準で商売していたら
どうやったら価値基準で商売できるか?

まずは目の前のお客さんに対して
アクションをはじめてください。

これができるようになれば
楽天や自社サイトなどのネット通販でも
高確率で結果をだすことができますよ。

PS.

突き抜けた業績アップ戦略にご興味あるあなたへ。

なぜ、独占メソッド実践者からは短期間で
3倍、5倍、10倍の業績アップ事例が続出するのか?

その具体的なノウハウや成功事例の舞台裏を知りたい場合、
下記の動画セミナーにご参加ください。

僕たちの会から日本一が続々誕生する秘密を
無料で学んでいただけますので。

※独占市場メソッド 無料動画セミナーはこちら

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
シェアする場合はこちら!


ブログの更新情報や、ブログではお伝えできない
最新の成功事例を無料メールマガジンでお届けしています。

情報を受け取りたい方は
今すぐ下記のフォームからメールアドレスをご登録ください。

※内容が気に入らなければ、クリック一発でいつでも購読解除できます。

※Yahooメール、Hotmailなどは届きにくくなっていますので、 フリーメールアドレス以外でご登録をお願いします。

※携帯メールアドレスでは、登録ができません。PCのメールアドレスをご登録ください。