21世紀型プロモーションの極意

プロモーション2011年11月1日

プロモーションとは、企業が製品について標的市場へ伝達し、販売促進するために行うあらゆる活動のことであるー

これは、マーケティングの世界的権威、フィリップ・コトラー先生によるプロモーションの定義である。

さすがマーケティングの世界的権威といいたいところだが、僕に言わせればこの定義はチト古く感じる。というのも・・・この定義が生まれたのは二十世紀のこと。

そこからさらに競争がグローバルになり、ネット環境やコミュニケーションの方法が激化した時代では、「伝達する」とか「販売促進する」とかいうレベルでプロモーションを考えても”ドングリの背比べ”から抜け出せない。

では、21世紀型のプロモーションとはどんなものか?
僕が会員さんに伝えている独占市場実践会としての定義はこうだ。

その起業家にしか提供できない唯一無二の価値を見込み客に届けることで、初回購入時には完全にお客の心をつかみきってしまおうとする活動、これがプロモーションである。

つまり、独占市場メソッドでは、

自分にしか提供できない唯一無二の価値により
買う前から見込み客を夢中にさせ、

さらに購入時にも「やっぱり!この会社すごい!」と
1回の購入で確実にファン化させる

ということをプロモーションのなかでやり遂げてしまうのである。

なぜ、これが実現できるのか?

これについての科学的なメカニズムについては
次回の記事から詳しくお伝えすることにしよう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
シェアする場合はこちら!


ブログの更新情報や、ブログではお伝えできない
最新の成功事例を無料メールマガジンでお届けしています。

情報を受け取りたい方は
今すぐ下記のフォームからメールアドレスをご登録ください。

※内容が気に入らなければ、クリック一発でいつでも購読解除できます。

※Yahooメール、Hotmailなどは届きにくくなっていますので、 フリーメールアドレス以外でご登録をお願いします。

※携帯メールアドレスでは、登録ができません。PCのメールアドレスをご登録ください。